読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

両親の為と思いとった行動が、最愛の妻を苦しめる事に

こんにちは。

毎日幸せだったらブログなんてけして書かなかったことでしょう。

それくらい私にとって今が人生の苦難の時だと思っています。

前の記事に書いた通り、私は結婚していまして、子供も2人います。

私は10年前に実家を二世帯住宅にリフォームしまして、1階は両親、2階は私達家族で住んでいおります。

もともと、私は両親と一緒に住む計画はなく、近くに家を構えて住めばいいかな程度でした。

しかし、父親の自営業の業績が芳しくなく、このままでは実家を手放さなければいけないと言う事になりました。

二世帯住居として全て私が被り、同居と言う形になりました。

最初の数年は、協力し合おうなどと言っていたのですが、子供が出来ると、走らせるな!とか、静かにさせて!と私の妻に言ってくる様になり、両親との関係も除々に険悪なムードになっていきました。

両親と妻の間に会話はありますが、今でもまだ険悪なままです。だからと言って、住宅ローンもある為、出て行く事も出来ず、我慢しながら同居と言う形で、ストレスがどんどん溜まっていき、、、

妻も私が仕事でいない時は監視されている様で、自分の家なのに、友人すら呼べないと嘆く状況に、このままでは夫婦間がおかしくなる、と・・・

 

住宅ローンを両親の押し付けて出て行くと言うのも違うと悶々としています。良かれと思った行動が、妻を逆に苦しめています。

前の記事に書いた娘は、心根の優しい子で、知ってか知らでか、私たちの仲介役のようにふるまってくれます。

もうひとりの息子は、留学準備に向け、英会話(ー>こちらのサイトで見つけたようです)の勉強アルバイトにあけくれています。たまにしか顔を合わせませんが、どんどん精悍な姿になっているのがわかり、父としても誇らしい限りです。

そんなわけで両親には感謝しているのですが、逆に、私達に少しでいいから感謝の心があればよいのにと思っている毎日です。

それでは今日はこのへんで。。。