読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤独な私、三つ子の魂100まで?

最初の記事にも書きましたが、私はもう家族もあり、いい年なのですが、

大勢人が集まる集団生活というものに馴染めません。

 

ずっと人と接するのが苦手なのです。

小学生、中学生の時は明るく人とよく接する少年でした。

しかし、高校生になると人と接しなくなりました。

 


その理由は、人に裏切られるのが怖いからと身勝手な理由でした。

私は、過去に友達に裏切られた経験があるのです。ざっくり説明すると恋人を奪われたトラブルなどです。

 


この経験が私を孤独な人間と変えたのです。
普段は皆んなといる時は明るく振る舞い笑顔を作っていますが、心の中では楽しくないと思っています。

 


人の顔色ばかり気にする癖が昔からあるお陰なのか作り笑いはバレません。
しかし、一度もバレないのが返って私の人と接したくないなど、人間嫌いが増してしまいます。

 


これが私の今の最大の悩みです。人に打ち明けたくても自分の秘密を知られたくない。また、誰かに裏切られるのかもしれない。これが怖いのです。

 


努力して、人に自分の秘密を喋ろうとしてもどうしても喋れません。
唯一、祖母には自分の会社の愚痴や作り笑いをしている事は明かしていますが、祖母にもあまり迷惑をかけたくないので何でも話せる友達が欲しいです。

 


また、集団生活がとても苦手で、私の場合は一対一ではよく喋るのですが、5人以上いる場はとても苦手です。

 


なぜなら、話のまとまりが無いからです。人が大勢集まると話がごちゃごちゃになってもめたり、誰が傷ついたりします。そのメカニズムを引き起こすのが集団生活だと私は思います。

 


よって、私は普段、1人で行動をしています。
しかし、自分で何でも抱え込んでしまうので精神的にきついです。

 

多分娘も大人になるにつれて私の性格を把握しているように感じます。

先日妹が遊びにきたときなんかもそうです。

 

続きはまた次回。